さいたま市の外構工事⑥<完成編>

こんにちは!

さいたま市の外構工事もついに完成編です。

それではさっそくいきましょう!

なんて素敵な二世帯仕様のかっこいい門柱。
門柱の下部にはドライガーデンスペースを設けて
飾り過ぎず、さりげない華やかさを感じさせます。

門柱から玄関までの通り道にはトネリコを。

テラスから視界に入る位置にもグリーンを植えました。
これから癒しの空間に育ってくれます。

庭の片隅にもさりげなくつくったドライガーデン。
成長するにつれてどんどん良い感じになっていきます。

よすこパイセンが命の水を注いでいる瞬間。

ガラッと変わった今回の外構工事。
ビフォーアフターで見てみると

<before>

<after>

<before>

<after>

明るく開放的で洗練された感じに大変身となりました。
これからテラスでお茶したりバーベキューしたり
楽しみがたくさんですね!

 

お施主様、ありがとうございました!!

さいたま市の外構工事⑤

どーも!
暴走しにやってきましたよ!
今日も元気にタイピング暴走させっちまうかんな!!

では、前回の続きから。

砂利部分がしっかり完了しました!

美しす。
そして外側のワイヤーメッシュその後はどうなったかな??

はいはい、やってきましたよ生コン車!
ちみを待ってたよ!!
さあさ、ドドドっとぶっ込んじゃってよー!!!

ドブドブドブドブ・・・
すぐさま均し隊が表面を整えていき

細かい部分はコテ班が処理

ツルツルになっていくのが見ていて楽しい。

そして全面的に作業を行い完成したのがこちら!

う~ん、ボスもご満悦の様子。
あとは乾くのを待って完了です。

そしてまた別の日。

入り口付近のブロックをビシッと積みます。

既存のブロックとしっかりちゃっかり連結。

スコスコとブロックを並べて行って

完成!

 

次回、ラストです!!

お楽しみに★

さいたま市の外構工事④

こんにちは!

前回インターン生たちがいい仕事をした外構工事

さあ、ここから続きと参りましょう!

ビョンビョン飛び出ている黒い棒の下に待機しているすのこ状の黒いもの。
これが合体すると

こーんなステキな柵になるんだ!
そして柵の隣では

型枠外し中!どんなものが出現するのか・・・

か~~っこい~~~!!
でもまだまだ、こんなもんじゃあないんだけどね!

元に戻って柵のゾーンでは砕石をまんべんなく敷き
転圧機で固めるインターン生たち

そのあとワイヤーメッシュを敷いて強度UP!

同じ工程が敷地いっぱいに繰り広げられ・・・

こんな状態にまでなりました!

ハイヒールで歩いたらつまづきすぎて進むことをあきらめそうですね!

内部へもっと浸入すると、今度は防犯も考えた砂利を敷き詰め中

下の黒いシートは防草シート。
雑草の暴走を防ぐから暴走シートみたいなとこあります。
たぶん。

 

ラストスパートへ向かって今後のブログも暴走予定!
死・苦・夜・露♡

さいたま市の外構工事③~インターン生と共に~

こんにちは!
前回のインターン丸焼き続編、どうぞ!

この日から中央工学校のインターン君も1名加わり、
丸焼き要員がまた追加されました!笑

そして上の写真でちらりと見えていましたが
インターン君たちの後ろでひっそりとうごめく
プロたちの雄姿があったのです。

いつの間に~!というスピードで出来上がっておりました。
もちろんインターン生ゾーンも負けちゃいないぜ!!
まずはボスがお手本!

ほうほう!了解です!!

手こずる~!
がんばれ!!

こちらもガシガシ引っぺがす作業!
そして現れたのがこちら

おお~!いい仕事しとるね~!!

ボスの指導で丁寧に仕上げていきます。

↓こちらは酸いも甘いも知っている職人の手慣れた風景

そして作業が終わるとこんな感じに

これは完成がだいぶ楽しみになってきました!!

 

次回もお楽しみに~!

さいたま市の外構工事②~インターン生を添えて~

激アツえぶりでい!
今日はインターン君たちの活躍も一緒にお届け。

まだ少しどんよりした梅雨空の中、工事スタート。

先生!
さっそくサボりを見つけました!!!

「いえーい♡」笑
このあとしっかりとみんなでやりました。
これ、とんでもなく疲れるんだよね(^^;

ボスに指導を受けながら、みんな真剣なまなざしです。

梅雨も明けたころ、ピーカン空の下で
インターン君たちの丸焼きも始まりました。

こうして見ると、もうプロみを感じてくる。

学校ではちょっとだけやったことある~なんて言いながら
しっかりといい仕事しています!

インターン君たちにとって、人生で一番濃くて充実した
実りのある40日間になっていることを願って
今日もまたいっそう焦げていく彼らを見ているのが楽しいのでした。

彼らの奮闘はまだまだ続く・・・!

Scroll to top