MN HOUSE 基礎工事の日

こんにちは!
ピュアパイル工法による地盤改良が終わった
さいたま市のMN HOUSE。

ついに基礎工事がスタートしました!

まずは遣り方(やりかた)から

地縄張りの外側に杭や板を張り巡らせます。
建物の位置・高さ・水平の基準となる重要な工程。
図面と照らし合わせながら
慎重に行っていきます。
だいぶ建物の輪郭が見えてきましたね~。


続いて根伐り(ねぎり)がこちら

建物の基礎の形に合わせて、地面を掘ります。
掘ったところが平坦になっているか、
「要チェックや!!」
凸凹になっていると、その上に作る基礎の精度も
低くなってしまいます。

そして、根伐りが終わると

石を敷き、機械を使って締め固めます。
「ガッッチガチやぞーー!!」
その機械、真ん中で黄昏中(笑)
これを使うことで、
石が地面に沈み込むのを防ぐ効果も。

ここでも地面が平らかどうか、
「要チェックや!!」

それが終わると

地面からの湿気が上がらないように
防湿シートを敷き、
型枠や鉄筋の受け台として、
捨てコンクリートを流します。

最後に
本日はこちらのショットでお別れ


できたての基礎を
夕日がしんみりと照らす様子、
何だか美しく感じます♡

これで家づくりの土台ができました。
基礎工事は続きますが、
続きはまた次回。

クロス工事スタート!

こんにちは!
早いもので、3月も半ば。
梅の花も終わりを迎え、
季節が春に近づき始めているのは
とっても嬉しいことですが、
花粉症の人にとっては辛~い季節…。
それぞれタイプがあるようなので
まずは自分のタイプを知って、
しっかり対策をとっていきましょう♪

さてさて、草加市の戸建リノベは
クロス工事が始まりました!

まずはクロスを貼る前の
大切な大切な工程から。

ドッドのようなものがパテ処理。
クロスは特に下地の凹凸が出やすいので
チェックは念入りに。
段差を埋めながら、釘やビスの頭が出ていないかも
確認します。

2階トイレの窓まわりもパテパテし

パテが乾いたら、サンドペーパーで表面を
滑らかに仕上げます。

そして1階寝室には

ロール状の壁紙や、壁紙糊付機も搬入され
準備万端!

スス~~~~と

切断した壁紙を貼っていきます。

ハケで手早く空気を抜いて、
天井に貼り付けていきます。


それにしても…
腰袋の道具の多さ、半端ないって!!
20種類ぐらいありそうですね~。
ノールックでの道具の出し入れ、
まさに職人技です!

そして
2階洋室の天井と収納内部の様子がこちら

凸凹がなく、きれいな仕上がりに。

やっぱり白いクロスは爽やかで
気持ちがいいですね~。

最後に、外に出て空を見上げると…。

これぞ日本晴れ!!!
モヤモヤした気持ちもスッキリと
晴れやかにしてくれます。
この青空はきっとみんなを
元気にさせてくれることでしょう♪


内装工事が続きますが、
その様子はまた次回に。

目のかゆみもスッキリさせたいな~。





TN HOUSE⑤

こんにちは!
木工事などが続いている上尾市のTN HOUSE。

さっそくリニューアルしたての
あれのご紹介です。

カラフルにイメチェン!

We Make FUN!!

お客様の“楽しみ”をカタチにする
SOUKENのクリエイターチームは
一緒に“楽しい”を創ります♪

待機していたサッシも
どんどん出番を迎え…。

続々と、取付け完了!
黒サッシは空間のアクセントに
なりますね~。



そして
断熱材の充填が始まり

快適な住まいを実現する上で、
とても重要な役割!
隙間なく、丁寧につめつめしていきます。

外壁工事も進み

遮熱シートと胴縁で断熱層を作り、
下地を作っていきます。

この上に何を貼るかは今後のお楽しみに☆

木工事や外壁工事などが続いていきます。
今後も乞うご期待!


We Make FUN!!

本日は地盤改良の日でした!

先日起工式を終えたさいたま市のMN HOUSE。
地盤改良工事が始まりました!

まずは2台の工事車両が登場!


左側が掘削ロッドがついた施工機本体
右側がセメントを送り出すポンプ車
まさに黄金コンビ。

いよいよピュアパイル工法がスタート!

と、その前に補足を…。


ピュアパイル工法とは
従来の柱状改良工法を進化させた、
強度3倍の、安全で高品質な、
杭状地盤補強工法なんです。

では、位置合わせから

あらかじめ印をつけておいた位置に
ロッドの先端を合わせます。

LADY GO!!!

グリグリグリグリグリグリグリグリ。
所定の深さまでロッドを回転しながら、
圧入していきます。

セメントミルクを出しながら30°程度保持し、

セメントミルクを出しながら引き上げていきます。

柱頭を合わせ、完了!

完了後の杭の様子がこちら


構造計算により、38本の杭を
バランスよく配置していきます。

最後にその出で立ちがかわいらしい
このショットでお別れです。

番号が書かれたセメントたち。
1号2号3号4号からの…
ん?7号???
5号と6号が先に呼ばれたのでしょう。
いずれにしても大活躍のセメントでした!!

地盤改良が終わると基礎工事へと
進んでいきます。

続きは次回のお楽しみに…。

前から読んでも後ろから読んでも「しんぶんし」

タイトル書いていて懐かしくなりました。

しんぶんし
とまと
たけやぶやけた

気になってネットで調べたら

筋肉ボディで僕人気
世の中ね、顔かお金かなのよ

とか大量にあって笑えました。笑

そんな話は置いておいて、
ボスがテーブルで真剣に何かやっていたので
こっそり接近。

真剣や・・・

新聞や!
しんぶんし!

なんの記事に夢中なんです・・・?

これは・・・・・・・・・

SOUKENやー!!!!
河津守社長が語っている記事やーーー!!!!!!笑

はい、ということで皆さん、メディアページから要チェックや☆

→要チェックしちゃう

Scroll to top