BASE

SOUKENの注文住宅

ワクワクする家を
つくろう!

ワクワクと楽しいをたくさん入れて、
ずっと愛せる最高の家を。

Make fun and exciting the best house we love forever.

Let's design your life!

かっこいいのが好き、可愛いインテリアがいい、おしゃれなデザインにしたい、和モダンなんて素敵かも! 人それぞれ自分のスタイルがあって、家族があって、暮らしがある。

どの家も、誰かの
いちばん。

心が落ち着く場所、ほっとする空間。
あなたのいちばんは、どんな家?

Floor

SOUKENのフローリングは無垢のフロア材を使用しています。 パイン・桐などをはじめ、オーク(ナラ)やタモ、チークなど、樹種によって暖かみや柔らかさも違うので、自分好みのオンリーワンを見つけてくださいね。

Wall

SOUKENの壁や天井の標準仕上げはほたての貝殻が原料の漆喰壁です。 呼吸する壁と言われ湿度を調整してくれるので、ジメジメした梅雨の時期でも空気がサラっとしていて、結露やカビの発生も防ぎます。消臭効果や耐火・耐熱性にも優れ、解体時には土に戻せる人と環境にやさしい材料なのです。アクセントに板張りにしてみるのも面白いですよ。

Furniture

造作家具を最初からご提案!壁掛けテレビに合わせた壁面収納、キッチン家電に合わせたカップボード、ボルダリングに懸垂棒!?やりたいこと・活かしたいものなどはどんどん教えていただきます! 自社工房で家具をつくるので、デザインやカラー・サイズを思いのままにプランニングに落とし込めるのはSOUKENの最大の魅力なのです!

Interior

「おしゃれな部屋にしたいけど、どんなインテリアがいいか迷ってしまう」 「インテリアグリーンを置きたいけれど詳しくないのでわからない…」などもデザイナーにお任せください! ラグ・クッション・ソファ・インテリア小物やグリーンなど、トータルコーディネートでのご提案もしています。

ハイクオリティ
×
ローコスト

プロフェッショナルたちがつくりあげる質の高い理想の家。
理想の住宅に最適な物件探しから、設計、施工まですべて自社で行うため、一貫した管理体制が実現し、より綿密な住宅造りにつながっています。

Create a own house.

家具やインテリア、小さな取っ手一つまで自由自在!

毎日暮らす家だからこそ、細部にまでこだわりたいですよね。家具やインテリアもその一つです。SOUKENでは、階段の手すり、玄関戸、壁に備え付けるフックひとつまで自社で設計&製作しています。
ご希望のイメージをたくさんお聞かせください。「好き」がたくさん詰まったこだわりのオンリーワンの家づくりを叶えます。

クオリティの高さには理由があります。家具や小さな取っ手ひとつまで自社併設の工房ですべて製作しているため、どこにもないオリジナリティ溢れた家が完成します。徹底してこだわり抜いた家づくりは、自社併設の「CREATORS STUDIO」から始まります。

Team Member
Team Member
Team Member

自分たちの手ですべて造る。
妥協しないからこそ、オリジナリティのある
最高のモノを。

Team Member

MADE in SOUKEN.
Furniture & interior green

Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image
Owl Image

SOUKEN HOUSE
- BASE - / 30坪例

Team Member
Team Member

建築費用:1650万~ + 家具工房150万~

【構造】 在来工法
【工法】 屋根:トリプル断熱
外壁:外内ダブル断熱
【仕様】 当社にお任せ

※準耐火建築物・低炭素認定は別途費用がかかります。

Building standard of BASE

BASEの建築基準はこんなにクオリティが高い!

ローコストでもハイクオリティ!すべて自社で手掛けることができるので、余分なマージンが発生せずにコストを抑えることが出来るのです。

耐震性

新築施工や注文住宅で重要なのは、まずは地盤・基礎作り。 どれだけ丈夫な住宅構造でも、土台が悪くては長い間住むことはできません。 綿密な地質調査を行い、地盤に合った改良を行います。強い地盤の上にしっかりとした基礎を作り、高気密・高断熱構造の住宅建設を行う、それが総合建築職人会の新築住宅です。

外張断熱工法

木造住宅の断熱には「充填断熱工法」と「外張断熱工法」の二つの工法があります。充填断熱工法は、低コストですが「柱の部分には断熱材が入っていない」や「断熱材と柱の間に小さな隙間ができる」など結露の原因となる問題があります。 充填断熱工法に相対するのが、外張断熱工法です。外張断熱工法は建物の外側をすっぽりと断熱材で覆ってしまう工法で、壁内結露しにくく、断熱・気密処理が簡単で確実、駆体内部の通風がよいといった特徴があります。総合建築職人会が標準仕様としている外張断熱工法は、熱性能が高く、かつ経年劣化の少ない遮熱シートです。総合建築職人会の外張断熱工法は壁強度、遮音性・吸音性、耐候性、耐久性に優れた工法です。

動線を考えた設計

いくら性能的な家でも、使い勝手が悪ければ快適な生活とはいえません。 総合建築職人会では、綿密な打ち合わせを行い、それぞれのお客さまにとって使い易さ、動線、機能性を重視した家作りを行っています。 不便が少ない家づくりは、施工から何年か経過した際に無駄なリフォームや改修を行う必要が少なくなるため、お客様のコスト削減につながります。

結露防止

アレルギーの原因となるカビやダニなどの繁殖を促し、さらには住宅の寿命そのものも縮めてしまう結露。結露を防ぐには気密性を高めると共に、住いの断熱性を高めることも必要です。 結露を防ぐ上でポイントは、断熱材の最高厚ではなくて最低厚なのです。ある部分にたっぷりの断熱材を使用していても、他に断熱性能が低いところがあれば、そこに集中して壁内結露が発生します。 この熱的に弱い部分をサーマルブリッジ(熱橋)と言い、このサーマルブリッジを作らないような工夫をすれば、躯体に結露が発生する心配がなくなります。

BASE

ココから始まり、ココに落ち着く場所。